メニューを飛ばし本文へ

社協会員会費の募集

令和3年度  社協会員会費の募集について

 私たち行田市社会福祉協議会は、皆さまからの会費を財源として、「笑顔と思いやりあふれるまちづくり」を目指し、活動しています。
 多くの皆さまに社協会員として加入していただき、地域福祉活動への間接的な参加をお願いしています。
 会員の募集は、年間を通して行っていますが、今年も7月から9月を会員募集の強化月間として、自治会、民生委員の皆さまご協力をいただきながら、会員募集に取り組んでいきます。
 皆さまのご理解、ご協力をよろしくお願いします。

皆さまからの会費で次のような事業を行っています

いきいきサロン事業、ボランティアセンター事業、ふれあい福祉健康まつり、車いす・福祉車両貸出事業、自治会連合会・民生委員児童委員連合会へ活動助成、「社協だより」の発行など


 いきいきサロン事業   ボランティアセンター事業   ふれあい福祉健康まつり

会員会費

会員区分 金額(年額)
普通会員 200円
特別会員 1,000円
団体会員 2,000円

 社協会員会費 Q&A

Q1  
どうして社協は、会費を集めるのですか?


A1  
社会福祉協議会は、社会福祉法第109条に基づき各都道府県・市町村に設置されており、住民の皆さま、法人・団体の皆さまのご参加・ご協力をいただき、地域福祉の推進を図ることを目的とした民間団体です。
そこで、住民の皆さまをはじめ福祉団体や企業等の方々に会費となっていただき、地域住民の支え合いの活動を進めており、その財源として会員の皆さまより会費のご協力をお願いしています。

Q2  
会員加入は強制ですか?

A2  
強制ではありません。

Q3  
社協の財源は何ですか?

A3  
社協の事業運営は、以下の財源としています。
   @県・市・県社会福祉協議会からの補助金・委託金等
   A会員会費
   B共同募金・歳末たすけあい募金からの配分金
   C住民・企業からの寄付金
   Dその他

Q4  
どうして、自治会や民生委員が会費を集めるのですか?

A4  
地域での支え合い、助け合いが社協の根幹と考えています。
そのためには、地域のお住まいの方の想いや状況、課題を把握すること、また、情報や広報を進めていくことにあたり、自治会や民生・児童委員の方々のお力が不可欠となります。
地域福祉活動の向上のために社協と自治会や民生・児童委員の方々と一緒に活動を進めて行くことが、最も効果的であると考えられる、会費のとりまとめや納入のご協力をお願いしています。

 毎年、会費にご協力を得られるは、各自治会長や民生・児童委員の方々をはじめ、地域の皆さまのお力添えをいただいたお陰です。引き続きのご理解とご協力をお願いいたします。

Q5
会費はどのように使われていますか?

A5
様々な福祉事業の財源として使用しています。

内訳 金額(円)
ボランティアセンター事業 754,000
いきいきサロン 869,000
車いす貸出事業 140,000
福祉協力校への助成金 200,000
地域交流事業 26,000
フードドライブ事業 151,000
福祉車両貸出事業 296,000
社協だより等発行 2,449,000
民生委員・児童委員連合会への女性金 600,000
自治会連合会への助成金 300,000
ふれあい福祉健康まつり 800,000
その他・事務運営費 415,000

皆さまからいただいた会費は、様々な地域福祉活動に活かされています。
社協の活動は、皆さまの会費によって支えられています。


このページの先頭へ トップページへ

所在地

社会福祉法人
行田市社会福祉協議会

〒361-0002
行田市大字酒巻1737番地1
総合福祉会館やすらぎの里内

周辺地図

TEL : 048-557-5400
FAX : 048-557-5411
メールでのお問い合わせ