メニューを飛ばし本文へ

トップページ > 事業紹介 > 生活困窮者自立支援事業

住居確保給付金について

離職・廃業から2年以内、または休業により収入が減少し離職などと同程度の状況にある方に対し、住宅費を支給及び就労等の相談支援を行います。

住居確保給付金のご案内 (pdf)
住居確保給付金受給の制度が令和3年1月から変わります! (pdf)
   

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、事前に電話にてご連絡いただいたうえで、郵送でお申込みください。

住居確保給付金 お申込みの流れ

@まずはお電話ください。
(電話 048−557−5400)
A折り返し、詳細の聞き取りのため、行田市社会福祉協議会よりお電話いたします。
B必要書類をそろえ、ご郵送ください。
(郵送先住所 〒361−0002 行田市大字酒巻1737番地1 行田市社会福祉協議会)
C到着後、社協で作成した「相談受付票」を添付し、行田市社会福祉協議会から行田市へ提出します。
D行田市による審査の上、決定となった場合、決定通知を郵送にてお送りします。

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、電話、郵送での対応とさせていただいておりますので、ご協力をよろしくお願いします。

申請様式

1.【様式第一号】住居確保給付金申請書 (pdf)
2.様式1−1A 住居確保給付金申請確認書 (pdf)
3.様式2−1 入居予定住宅に関する状況通知書 (pdf)
  様式2−2 入居住宅に関する状況通知書 (pdf)
4. 行田市自立相談支援センター 相談申込・受付票 (pdf)

5.住居確保給付金 初回申請チェックリスト(pdf)

その他添付書類は「住居確保給付金とは」をクリックし、4 申請に必要な書類は をご参照ください。

様式記入例

1.【様式第一号】住居確保給付金申請書(記入例) (pdf)
2.様式1−1A 住居確保給付金申請確認書(記入例) (pdf)
3.様式2−1 入居予定住宅に関する状況通知書(記入例) (pdf)
  様式2−2 入居住宅に関する状況通知書(記入例) (pdf)


報告書様式

1.様式6 職業相談確認票 (pdf)
2.様式7 常用就職活動状況報告書 (pdf)
3.改・様式9 自立相談支援機関報告様式 (pdf)

報告書記入例

1.様式6 職業相談確認票【記入例】(pdf)
2.様式7 常用就職活動状況報告書 【記入例】 (pdf)
   

【問い合わせ】
行田市社会福祉協議会 電話 048−557−5400
月曜日〜金曜日の8:30から16:00まで

概要

生活困窮者に対して、経済的自立や日常生活の自立、社会的自立のための様々な支援を個別的、包括的に行います。

対象

生活保護受給者以外で、現に経済的に困窮し、最低限の生活を維持することができなくなるおそれのある方
※ただし、学習支援事業は、生活保護受給者も含む。

内容

(1)自立相談支援事業

就労その他の自立に関する相談支援、事業利用のためのプラン作成を行います。

(2)学習支援事業

生活保護世帯や準要保護世帯の中学生を対象に、学習支援を行います。

費用

無料

申込・相談窓口

(1)自立相談支援事業

行田市自立相談支援センター
(電話)557-5400 (FAX)557-5411
(Eメール)jiritushien@gyodashakyo.or.jp

(2)学習支援事業

同センター 学習支援事業担当
(電話)557-5400 (FAX)557-5411
(Eメール)gakushushien@gyodashakyo.or.jp

その他関連情報

求職者支援制度について、下記バナーをクリックしてください。



このページの先頭へ トップページへ

所在地

社会福祉法人
行田市社会福祉協議会

〒361-0002
行田市大字酒巻1737番地1
総合福祉会館やすらぎの里内

周辺地図

TEL : 048-557-5400
FAX : 048-557-5411
メールでのお問い合わせ