メニューを飛ばし本文へ

トップページ > 事業紹介 > 障がい者等外出支援事業

障がい者等外出支援事業

概要

単独ではタクシー等の公共交通機関を利用できない障がいのある方に対し、ドア・ツー・ドアの個別送迎及び外出先での見守りや介助等の付き添い支援を行います。

対象者

  • @障害者手帳をお持ちの方(詳細についてはこちらをクリック)
  • A要介護認定を受けている方
  • B要支援認定を受けている方
  • C基本チェックリストにて行田市介護予防・日常生活支援総合事業の事業対象者となった方

提供サービス

利用料金の目安について(単位:円)

(移動支援及び通院等介助)

利用時間 移動支援 通院等介助
介助なし 介助あり 介助なし 介助あり
30分未満 80 230 109 265
30分以上60分未満 150 400 204 417
60分以上90分未満 225 580 284 606

(福祉有償運送)

乗車距離 利用料金
2km未満 400
2km以上3km未満 500
3km以上4km未満 600
4km以上5km未満 700
5km以上6km未満 800
6km以上7km未満 900
7km以上8km未満 1,000

8q以上〜1qごとに200円加算されます(20kmまで)
上記以外に、迎車料金、待機料金、有料駐車場料金がかかる場合があります。


利用方法

移動支援及び通院等介助

@市役所福祉課で申請
サービス利用に必要な申請を行い、受給者証を取得し利用できるサービス量(支給量)の決定を受けます。
A社協と事前調整
事業内容の詳しい説明や必要な支援内容を確認します。
Bサービスの利用
ご本人又はご家族と契約し、サービスを提供します。
C利用料の支払い
利用したサービス内容に応じ、お支払いいただきます。(参照 料金表)

福祉有償運送

@社会福祉協議会で申請
サービス利用に必要な申請を行い、利用決定を受けます。
A社協と事前調整
事業内容の詳しい説明や必要な支援内容を確認します。
Bサービスの利用
支援内容に基づき、サービスを提供します。
C利用料の支払い
利用したサービス内容に応じ、お支払いいただきます。(参照 料金表)

Q&A

Q1  
どんな人が使えるのですか?

A1  
障害者手帳を交付された方、介護保険の要介護認定、要支援及び介護予防・日常生活支援総合事業の対象者

Q2  
どんなサービスですか?

A2  
@移動支援:外出先での見守りや介助等の支援
 例)ショッピングモールにて買い物等の付き添いや食事の介助など
A通院等介助(居宅介護):通院先の受診手続きや官公署へ書類手続き等の付き添い
 及び移動等の介助
B福祉有償運送:福祉車両等によるドア・ツー・ドアの個別送迎
 例)市内のホームセンターに日用品の買い物や、定期受診のための外出に際し、自宅
 と目的地の往復(または片道)の送迎
 (介護保険の要介護認定等のみを受けた方の外出先の付き添いはできません。その際
 は別途付き添いの方をお願いいたします)

Q3  
サービスの対象とならない外出のケースはありますか?

A4  
通勤、通学その他営業活動などの経済活動(物の販売など)のための外出は対象となりません。

Q4
サービスを受けた際の費用は?

A5
概ね半日程度の外出(往復15qの送迎、外出先で90分間の付き添い)にかかる費用で2,800円になります。
(外出先の付き添いに係る費用は、市の要綱により上限額が決められています)

申し込み・問い合わせ

申し込み・問い合わせ 電話または社会福祉協議会窓口まで直接(月曜日〜金曜日)
рO48−557−5400 担当 島ア・山本

このページの先頭へ トップページへ

所在地

社会福祉法人
行田市社会福祉協議会

〒361-0002
行田市大字酒巻1737番地1
総合福祉会館やすらぎの里内

周辺地図

TEL : 048-557-5400
FAX : 048-557-5411
メールでのお問い合わせ